復興地に携わる方々へ of こころを包むヒーリングアート "ホルス*プレアデス"

東北の復興地の方、復興に携わる方へ.。*.:*・゚

ForEastJapan1-3.JPGForEastJapan1-3.JPG
私は、毎年、2011年以降、
3月11日に向けてなにかしらの絵を描いています。

やはり、きっかけは東日本大震災なのですが、

当時、被災者の方々へ向けて、
何か力になれるような事が出来ないかと思っていました。

けれど、
寄付などもさせて頂いたものの
そんなに貢献できるほどの経済力はありませんでした。

チカラのあるヒーラーさんは、
エネルギーとまとめて被災地に送るような事をされていて、
それに参加はさせてもらっていましたけど、
自分でイニシアティブを取れるようなスキルもなかったのです。

やはりアーティストとしては、絵で貢献したい所だったのですが、
当時の被災者の切実な状況に、
生活必需品ではないアートは求められていないのでは??
と思わなくもありませんでした。


でも、それでも、
アートだけが自分のスキルで最大限に届けられるものでしたので、
余震の続く中、制作を続けて出来たのが、この左↗の絵でした。


この絵は、震災で被害を受けた方や、被害を受けた家族の方、
震災の報道を見たり聞いたりしてこころを痛めていた方々へ向けて、

大きな悲しみが癒え、希望を持って明日に、未来に進めるようなビジョンを
高次元から受け取って描いたものです。


当時、「転載OK」として、シェアしていたのですが、

でも、被災地以外の、震災の報道にこころを痛めていた方々には届けられたのですが、
被災地で避難されていた方などは、ネットを使えない状況だったでしょうから、
あらためて見て頂ける機会があれば...と思っているのです。

それに、ネット上で見てもらうより、できれば原画を見て頂きたいのです。

yasuragi-display-b-(12).JPGyasuragi-display-b-(12).JPG
なぜなら、「ヒーリングアート」の原画を前にすると、
たとえ短時間で描いたものでも、涙を流される方がいらっしゃるほど、
こころに大きく働きかけるチカラがあるからなのです。


なので、出来れば東北の方に多くシェアできる場所に
ご提供できるか、展示させて頂けるなど、
直接「ヒーリングアート」をお届けしたいと思っているのです。


寄贈とまではいきませんが、
下記のような絵を役立てていただけるのであれば、
ご連絡いただきたいと思います。・゜☆*

このような場所におすすめです☆

.

  • 東北の公民館、図書館などの公共施設。
  •  〃 小学校、幼稚園などの教育の場。
  • 復興地周辺のサロンや、カウンセリングルーム
  •  〃  ギャラリー、カフェ   …など。
世界中の絆でphoto3.jpg世界中の絆でphoto3.jpg
愛に向かう選択 (3).JPG愛に向かう選択 (3).JPG
やすらぎ・希望PCD.jpgやすらぎ・希望PCD.jpg
2015愛に基づいた循環.jpg2015愛に基づいた循環.jpg
Your-wonderful-love-you-should-be-focus.jpgYour-wonderful-love-you-should-be-focus.jpg
ForEastJapan2.jpgForEastJapan2.jpg